トップ / アンチエイジングの化粧品

アンチエイジングの化粧品

角質アンチエイジング

アンチエイジング化粧品

アンチエイジングを目的とした化粧品には、乾燥を防ぐために、保湿効果を高める成分が含まれています。角質層の保湿効果を高めると、角質を構成しているケラチン質(蛋白質)が柔らかさを増すので、 肌が柔らかくなり、しっとり感をもたらします。肌を柔らかくする角質溶解効果のある成分の一つに、肌の角質層に存在する天然保湿因子NMFの一種である尿素があります。ただし、尿素は多用すると、肌のターンオーバーが早まり、逆に肌は水分保持力を失ってしまう場合があるので、アンチエイジング化粧品を使用する場合は、成分を確認するとともに、自分の肌の調子をしっかりと観察することが必要です。

水素

角質溶解効果がある化粧品の効果

加齢とともに遅くなっていく細胞再生は、時間がかかるほど肌に潤いがなくなってしまい、くすみなどが生じてしまいます。アンチエイジングには角質ケアが大切になってきます。化粧品に含まれる、角質溶解効果がある物質は、主に、雑菌の繁殖を防ぎ、角質層を柔軟にする目的で配合されております。また、にきびが発生した場合、出口がふさがっているため、毛穴を開かせるために、角質溶解効果がある化粧品を使う場合もあります。古い角質が溶かされることによって、肌のターンオーバーも正常にすることができるなど、さまざまなアンチエイジング効果を期待することができます。

↑PAGE TOP

© Copyright アンチエイジング化粧品. All rights reserved.